闇金 迷惑行為 禁止

迷惑行為の禁止を促す方法

数社から借金があってもう貸してくれるところがない。こうなったら闇金から借りてしまおうか、などとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしそれだけは絶対にやめましょう。
闇金から借りてもほんの一時しのぎにしかなりません。
それどころか、闇金から借りたことによって今よりも状況はもっと悪化してしまうのです。

 

よく考えてみて下さい。

 

例えば、10日で5割(トゴ)の闇金業者から借り入れをしたとします。
消費者金融の返済に充てるために3万円を借りた場合、10日後に4万5千円を返さなければならなくなります。

 

一度の返済で終わればよいですが、そう簡単に返済させてくれないのが闇金の恐ろしいところです。
もし強引に何度もジャンプさせられる羽目になれば、1か月前後で利息分が当初の元金を超えてしまう事がお分かり頂けると思います。

 

そんな馬鹿げた目に遭って良いでしょうか。
良いはずはありません。

 

ところで、闇金からの返済が滞るとどうなるかご存知ですか。
当然恐ろしい取り立てに遭う事は皆さんご存知かと思いますが、それだけで終わると思ったら大きな間違いなのです。

 

闇金からの借金が返せなくなると、取り立て電話のほかに、迷惑行為や嫌がらせ行為を受けることが多々あります。

 

この迷惑行為の一例として、自宅に消防車が呼ばれたり、大量のピザの宅配が届いたりすることなどが挙げられます。

 

そのほか葬儀屋を呼ばれたり弔電が届いたりなどという、趣味の悪い嫌がらせを受けることもあるでしょう。

 

本人のみならず、その迷惑行為は家族やご近所にまで及ぶこともあります。
さらに職場に電話をかけまくって回線をパンクさせるなどといった迷惑行為も行われているようです。

 

借金をしたのは自分であることは事実です。しかし、このような迷惑行為が許されていいはずがありません。
どうしたら、このような迷惑行為を禁止させることができるのでしょうか。

 

それにはやはり、「闇金相談」が有効です。
専門家に相談をする事により、専門家から闇金業者に迷惑行為の禁止を促してもらうことができます。

 

迷惑行為の禁止を促したところで相手は闇金。そう簡単にやめるはずはないのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

 

しかし闇金は違法業者ですから、法律を侵していることを指摘されたら強くは出られなくなります。
万が一警察に知られてしまったら闇金としての仕事が続けられなくなりますから、迷惑行為をやめるほかなくなるのです。

 

債務者は自分がお金を借りてしまったという負い目があり、なかなか闇金業者に強く言えない部分も多いと思います。

 

しかし相手は違法な金利を申し付けてきているのです。

 

それを言われるがままに返済しなければならないというのは、やはり納得がいかないはずです。
そのうえ返済ができなくなったからといって迷惑行為をするなど、お門違いもいいところではないでしょうか。

 

迷惑行為に屈して闇金の言いなりになっていては、いつまでたっても闇金から解放されません。
闇金に迷惑行為の禁止を促したいなら、今すぐに闇金相談をする事をおすすめします。

 

 

【闇金解決のご相談はこちらの法律事務所がおすすめです!全て無料相談】