闇金の督促電話を停止させる方法

闇金の督促電話を停止させよう

闇金と聞くと、どんなことを連想しますか?
金利が高い、強面の男性たち、返済ができないと強制労働をさせられそう・・・などいろいろな事を連想すると思いますが、闇金と聞いて連想することといえばやはり「取り立て」でしょう。

 

取り立てとはつまり借金の督促の事です。
督促とは借りたお金を返して下さいという催促ですから、正規の金融機関も行う事があります。
しかし闇金の督促は、正規の金融機関のものとは恐ろしさの程度が全く違うのです。

 

最近の闇金の督促(取り立て)は電話が主流と言われています。
交通費もかかりませんし、下手に自宅に乗り込んで警察に見つかってしまっては元も子もないからでしょう。

 

返済が滞ると、とにかくしつこく電話が鳴ります。
携帯電話に出なければ家の電話に、それも出なければ職場や家族に電話がかかることもあります。

 

とにかく大声で金返せとまくしたてる闇金業者もいれば、丁寧な言葉遣いながら確実に債務者の精神を追い詰めるような物言いをしてくる闇金業者など、さまざまです。
確実に言えることは、どの闇金業者からの督促電話(取り立て電話)も、確実に債務者の精神を蝕み恐怖心を植え付け、身も心もズタズタにしてしまうという事でしょう。

 

返せないものは仕方がない、返せないのだから闇金からの督促電話を停止するのは不可能だ、じっと耐えるしかないのだと考えている方も多いと思います。

 

しかし、そんな督促電話を停止する方法があるのです。
それが、「闇金相談」です。
闇金は金利などが違法なため、闇金からの借金は返済する必要が無いという事をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
だからと言って自分一人でそれを闇金に訴えられる方はそう多くないでしょう。
うまく丸め込まれてしまったり、脅しや暴力を受けてしまったりする可能性もあります。
ですから法律の専門家に相談をして、闇金相手に「違法な業者だから返済しない」という事を伝えなければなりません。

 

闇金は金利も違法ですが、その督促(取り立て)の手口も当然違法です。
例えば午後9時から午前8時までは原則として取り立てをしてはならないと決められていますが、当然闇金はお構いなしに夜中でも督促電話をかけて来ます。
勝手に会社や家族に電話をするのも、本来は違法です。
自宅に来て借金に関する貼り紙や看板を立てるなど、もってのほかなのです。

 

では闇金相談をすると、どうして督促電話が止まるのでしょうか。

 

闇金相談を受けた専門家は、闇金業者に「受任通知」を送ります。
当然闇金業者本人は違法を承知でやっているわけですから、法律で立ち向かわれたらどうにもなりません。
法律の専門家を味方につけた危険な債務者にいつまでも関わっているとリスクが大きいため、督促電話が停止する可能性が非常に高いというわけなのです。

 

ちなみに消費者金融や銀行などの督促電話を停止する場合には、闇金の場合とは少し異なります。
闇金は違法な業者ですが、消費者金融や銀行は正規の業者だからです。
正規の業者の督促電話を停止したい場合には、法律の専門家に「債務整理」を依頼します。
金融機関は債務整理を開始したという通知を受けた時点で督促をやめなければいけないという決まりがありますので、全ての金融機関からの督促電話がすぐに停止するはずです。

 

少し話がそれましたが、闇金からの督促電話を停止させるには「闇金相談」が有効です。
闇金からの督促は相当な精神的苦痛を伴います。そんな苦痛から、闇金相談で解放されて下さい。

 

【闇金解決のご相談はこちらの法律事務所がおすすめです!全て無料相談】